病院や医師のランク付けより先ずは良い患者になろう

セカンドオピニオンや転院を考える時のアドバイス

もう一人、助言的な立場の医師を見つける

いわゆるセカンドオピニオン、というものです。
主治医以外にも、病気・症状の見立てをして頂きたい時に考えるものです。
もう一人の医師に、病気の見立てや選択できる治療方法等について、教えて頂けるものです。
正直、セカンドオピニオンについては、心情的に主治医にどう説明して良いのか、解らない場合が多いでしょう。
セカンドオピニオンを希望する前までの、主治医との信頼関係が築けていたなら、あるいは良好はコミュニケーションがとれていれば、ほとんど問題の無いことです。
セカンドオピニオンを希望したいと言うことを、単刀直入に主治医に伝えれば良いからです。
もちろんその場合、セカンドオピニオンにしたい医師は、自分で見つけておくべきです。
また、相手病院等に、セカンドオピニオンは受け入れているか否かを、予め聴いておく必要はあります。

どうしても転院を希望する場合

それでも、主治医を変えたい・病院を変えたいと思った時には、突然、何も持たずに突撃受診のような事をしては、あなた自身も損をします。

転院を希望する場合、先ず、転院希望の病院に、病状等説明し受け入れてくれるかどうかを自分で確認します。
多くの病院は、転院するにあたり、現在の主治医からの病状等についての情報提供書等の持参を要求してくるはず。
この前主治医からの診療情報を持参しているか、しないかで転院先からの患者本人の信頼度が変わってきます。

情報提供書等を持たず、突然転院してくる患者は、ある意味要注意人物と見なされる場合が多いようです。
前回の病院で、何か問題でも起こして情報提供も書いてもらえず、転院してきたのかと思われます。
どうしても転院する場合でも、次の病院でよい信頼関係を築くためにも病院の作法を知っておくべきでしょう。